節分

節分

旧暦で節分とは季節の分かれ目という意味。
本来の節分は、四季の節目の「立春・立夏・立秋・立冬の前日」と
すべてのことを指していました。
今では立春の前日(2月3日頃)の意味で使われています。

立春が一年のはじまりでもあった旧暦では、
その前日で一年が終わります。
一年の最後といってもよい日なので、
邪気を払い、幸せを願うさまざまな行事が行われました。

節分には、豆を炒るときに同じ火で鰯の頭を焼いて匂いを立たせ、
鰯の頭を葉にトゲのある柊の小枝に刺し、
門口や家の軒下に吊るします。
これは匂いを嫌って災厄や病が近づかないようにするためです。

また神社や寺院では年男、家庭では家の主が
「鬼は外、福は内」と大声で唱えながら、
炒った大豆をまき、鬼やらいをします。

鬼を外に締めだす鬼やらいは、
もともとは中国の王宮で行われた疫鬼を追う行事で
これが奈良時代に日本に伝わり、
平安時代には宮中で盛んに行われた年末の追儺の儀式として
行われるようになりました。
もとは民間の五穀豊穣、厄除けを願う素朴な民俗行事でした。

節分とは雑節のひとつ。

雑節とは
二十四節気や節句などの暦日のほか、
季節の移り変わりを的確につかむために昔から継承されてきた慣習が
やがて年中行事となったのが雑節。

季節の大切な目安となる日が雑節です。
・節分
・彼岸
・社日
・八十八夜
・入梅
・半夏生
・土用
・二百十日
・二百二十日
(上記に初午・中元・盂蘭盆・大祓を加える場合もあります。)

鶴屋吉信の季節の和菓子
「追儺 鬼・お多福」
「鬼」は粒あん入りのきんとんにごぼうの角
「お多福」はこしあんをつつんだ上用に紅をさしたもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です